審査のときに大切な項目

専業主婦の場合も通常の審査と同様、審査でポイントとなるのは申込者の返済能力と信頼性です。
でも自分には収入がないわけですから、まずは配偶者に定期収入があることが借入の前提条件となります。
そして総量規制の対象となる消費者金融ではなく、対象外である銀行カードローンの専業主婦専用商品を選べば、安心して申込をすることができます。

 

このような専業主婦向けカードローンでは配偶者の収入証明書や同意書の提出を求めていません。
申込に必要な書類は運転免許証など本人確認書類のみなので、用意するのも手間がかかりません。
また審査対象は申し込みをした本人のみで、夫の勤務先に在籍確認の電話が入るようなこともありません。
旦那さん個人の年収や信用情報がチェックされる心配もありません。
ただし夫の信用情報にキズがあったりブラックリスト入りしていると、状況によっては住所などから本人との関係性が明らかになり、審査に不利になる可能性もあります。

 

もちろん申し込みをしている本人が他社からの借入で延滞を起こしていたり、
過去の債務整理などでブラック入りしている場合は審査に通る確率は低くなります。
また短期間に複数のカードローンを申し込むと申込ブラックと見なされ、審査落ちする可能性が高くなるので注意しましょう。
以上の点に気をつければ専業主婦でも便利にキャッシングを利用することができます。
申し込みは審査回答がスピーディで、周囲にも内緒で手続きしやすいインターネット申込がおすすめです。

 

申し込みをする前には返済額シミュレーションを活用するなどして、今後の返済計画をしっかり立ててから利用するようにしましょう。
銀行カードローンでは大抵の場合、保証会社が審査を請け負っています。
保証会社が重視するのは利用者の返済能力です。
収入の少ない学生や女性、また無収入の専業主婦などは返済能力がさほど高くはないことが理由で、借り入れできる上限額はどうしても低くなってしまいます。

 

でも担保や保証人なしで借りられる銀行カードローンは専業主婦にとって強い味方です。
本人確認書類の写しさえ用意すれば、原則として他に面倒な書類は不要です。
旦那の個人情報や収入がチェックされる心配もありません。
パソコンやスマホを使ったネット申込みなら、窓口や郵送と違ってスピーディな審査回答が可能です。
自宅や外出先で簡単に手続きができ、速ければ当日中に振込キャッシングが利用できるケースもあります。